テクニカルイラスト制作

By reo / On

伝えたい情報を表現するイラストレーション

テクニカルイラストは、技術的な性質の情報を視覚的に伝達するイラストレーションの用法です。
例えばモノの性質や描写を伝えたい時、写真では沢山の情報が移りすぎて大切なポイントが分かりづらい。
テクニカルイラストの必要性は写真とは違い、ピンポイントでデフォルメしたり、見えない部分を見せたり実物ではありえないアングルでデフォルメしたり、イラストならではの表現ができます。
取扱説明書等の挿絵として描かれるテクニカルイラストは、商品を線画で表現するものや、リアルなイラストで表現されるものがあります。

■テクニカルイラスト制作

カタログ用:バッグ取説イラスト
カタログ用:バッグ取説イラスト
住宅間取りトレース
住宅間取りトレース


■トレース等によるベクトルデータの作成

ベクトルデータは、「点」「線」「多角形」などの情報を座標値と属性情報で保持して表現するデータです。主にイラストレーターではベジェ曲線と言う独自の技法でデータを制作します。ロゴやイラスト・図面等の制作や、指定の原稿からトレースをおこす作業までオールマイティなデータを作成する事ができます。

trace-deta

下絵として取り込んだスケッチラフからベクターデータをおこし、さらにカラーリングしてイメージを仕上げます。データは、ai・jpg・png等さまざまなファイル形式に変換できます。


■画像加工

画像を元に、加工してカラーバリエーションを作成します。

撮影した画像を加工して、素材となる生地見本を鞄本体に埋め込みます。


■イメージパース制作

景観イメージパース
景観イメージパース
果物店:完成イメージパース
果物店:完成イメージパース
土産品店:イメージパース
土産品店:イメージパース
手書きラフ風店内パース
手書きラフ風店内パース
服飾売場イメージパース
服飾売場イメージパース
果物店:店内イメージパース
果物店:店内イメージパース
全景完成イメージパース
全景完成イメージパース